ゆゆゆ

アメコミ・同人活動・そのほかのこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Namor Visionaries - John Byrne, Vol. 1



【基本情報】
収録話:  Namor, the Sub-Mariner (1990) #1-9
ページ数: 216 p
出版情報: Marvel (February 23, 2011)
言語:   英語
ISBN-10: 0785153047
ISBN-13: 978-0785153047

ライター: John Byrne
ペンシラー:John Byrne


【登場キャラクター】
メイン: ネイモアネイモリータ
サブ:  リード・リチャーズ、スーザン・ストーム、トニー・スターク、ヒューマン・トーチ(初代)
ヴィラン:グリフィン、スラッジ、ヘッド・ハンター

【概要】
たいへんインパクトのある表紙ですが(笑)、これが#1の冒頭シーンになります。
この絵は、後に Sub-mariner: Revolution の中でオマージュされたシーンが出てきます。

時期としては1990年、ネイモアがアベンジャーズから抜けた後のストーリーになります。(ネイモアがアベンジャーズで活動していたのは1985年のAvengers vol.1 #262~)
これまで海底での物語が主流であったネイモア誌ですが、このシリーズはネイモアがニューヨークに会社(オラクル社)を設立し、その事が原因で経済界の大物に狙われたり…という異色作となっています。
終始地上で展開されるストーリーとなっており、アトランティスのシーンは一切ありません。

【所感】
1990年代のコミックスという事もあり、ひとつの吹き出しに書かれた台詞の量もかなり多めです。
また、ストーリーが若干複雑(企業買収など…)なため、少々読みづらいかも知れません。
(私が初めて真面目に読んだアメコミがこの本なのですが…あまり初心者向けではないような気もします笑)

ジョン・バーンと言えば1980年代を代表するアメコミ作家、ということもあり、ストーリーはかなり濃くて面白いです。ジョン・バーンの描くネイモアさんはどことなく落ち着いた表情をしており、個人的にはとっても好みです。

パーティーに行くために変装するシーンと、プールに入ってテレビを見ているシーンがとてもお気に入りです。

【収録誌Amazonリンク】
Namor Visionaries (Namor Visionaries: John Byrne)Namor Visionaries (Namor Visionaries: John Byrne)
(2011/02/23)
John Byrne

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。