ゆゆゆ

アメコミ・同人活動・そのほかのこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「怪傑ゾロ」(1940)レビュー

1940年の映画、タイロン・パワー主演の「怪傑ゾロ」(The Mask of Zorro)を観ました。
感想らくがきです。(クリックで拡大)

20131206_zorro.jpg

■感想
1940年の映画ということで、当然白黒作品でした。私がこれまで観たことのある映画の中では一番古いかも。
90分超の作品なのですが、ゾロの出番は意外と少なく、ゾロの中の人ことディエゴ・ベガによる活躍の方が目立っている感じです。
イケメン俳優タイロン・パワーの魅力を全面に出しているという印象で、ゾロの格好だと顔が隠れちゃうからイカンのかもしれません(笑)。

ゾロとしてののアクションは、軍隊に追われて馬で逃亡するという前半のシーンが一番盛り上がる部分でした。
馬は逃亡シーンを二回演じた後は、後半一切出番がないというww
それ以降はディエゴの活躍がメインで、後半の剣での戦いのシーン(ものすごく激しいシーンでめちゃくちゃかっこいいです。)や、ラストのゾロに味方する民衆を加えての大乱闘は、すべてゾロではなくディエゴの姿でのアクションでした。

タイロン・パワーはものすごいイケメンで画面映えする顔でほんとにかっこいいです。それからディエゴの服装が豪華な刺繍やヒラヒラがビッシリついたエレガントでキラキラの衣装でして、それがまた観ていて目の保養に。。
ディエゴに関しては、原作小説を読んでいる立場から見ても「これぞドン・ディエゴ・ベガ!」という感じの豪奢っぷりでとても素敵でした。

総括すると、ディエゴ的には大満足ですが、ゾロ的にはもうちょっと出番あるとよかったな…という感想です笑。

■気付いたことメモ
・冒頭からディエゴが優秀な剣の技と馬術を備えていることが分かる。→ディエゴがそれをあえて隠して生活している事が分かり、かっこいい!
・ディエゴは前市長の息子。(やっぱり大金持ち)
・現市長は悪徳市長…なのだが、あんまり悪徳っぽいシーンがなくて(冒頭の噂話と鶏をぶんどるシーンくらいかな)ひたすらゾロにおびえる顔芸の面白いちっちゃいおっさんみたいになってる。あまりにもおびえまくってるのでだんだん可哀想になってくる笑。
・悪徳市長の用心棒的なポジションの軍人さんが乱暴者で血生臭いこと好きすぎ。こいつが一番悪い奴なのではないか。
・ヒロインであるロリータちゃん(めちゃくちゃ可愛い)が悪徳市長の姪っ子なんだけど、結局ディエゴとロリータが結婚したら悪徳市長とベガ家に親戚関係ができちゃうじゃないか。悪徳市長夫婦をスペインに追放したからオッケー、みたいな終わり方だったけど、ベガ家それでいいのか。
・悪徳市長の奥さんがイケメンのディエゴにやたらモーションをかける。金遣いが荒くてあんまり頭の良くなさそうなオバサンなのですが、この人はアラン・ドロンのゾロに出てきた叔母さんの元ネタだろうか。
・馬に乗ったゾロが橋から飛び降りて川を泳いで逃げるシーンがゴーストライダー映画のあのシーンに似てる。ひょっとしてオマージュ元?
ゾロが銃で軍人を脅すシーンがある。原作小説でもゾロは銃を持っているので、これは面白いと思った。
・手書きのメッセージを町の掲示板に貼るゾロ。筆跡可愛い。筆跡で正体がバレたりしないのだろうか。
・血なまぐさい話は嫌い!と言っておきながら喉を掻き切る話をして悪徳市長を震え上がらせちゃうディエゴさんお茶目。
タイロン・パワーの睫毛バシバシ☆


快傑ゾロ スタジオ・クラシック・シリーズ [DVD]快傑ゾロ スタジオ・クラシック・シリーズ [DVD]
(2007/03/02)
タイロン・パワー、リンダ・ダーネル 他

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。